サラリーマンにもできる節税 取られたお金を回収しよう【実践編】

こんにちわ、ショウです。
今日もお金の知識を鍛えていきましょう!

前回は守る力について、住民税と所得税その控除の方法、代表例としてふるさと納税を紹介しました。
今日は気になるふるさと納税の始め方を紹介したいと思います。

今日からでもできる 最強の楽天ふるさと納税

まずはじめに

それでは実際にふるさと納税をやっていきたいと思います。
このブログの通りにやれば明日からでもやることができますので実践してみてください。

ふるさと納税ができるサイトはかなり沢山あります。
CMでやっている「さとふる」「ふるなび」など聞いたことがあるかもしれませんね。
その中でも私の一番のおすすめは楽天ふるさと納税です。

後々説明はしますが以下の利点があります。

  • 支払いに楽天ポイントが利用できる
  • ふるさと納税をしているのに楽天ポイントがもらえる
  • 楽天買い回りセールの対象にできる

特に2つ目の利点ははっきりいってチート級なので、是非体験してみてください。

シミュレーターで寄付の上限額を把握する

ふるさと納税の上限額は年収と世帯状況によってかわります。
上限以上の金額の納税をすることはできますが、上限を超えた分は控除されませんので注意してください。

  • ページ内の「かんたんシミュレーター」から寄付金の上限金額を割り出しましょう。
    前回の説明で記載していますが、上限額は年収、世帯状況などで代わります。
    入力箇所は3箇所しかないので間違いようがないと思います
  • 年収
  • 家族構成
  • 扶養家族

上記入力が完了後、「保存する」を押しておくと、今後楽天でふるさと納税をするときに、
自己負担2,000円の寄付上限額と現状の寄付金合計を表示してくれるようになるので非常に便利です。

実践

実際に寄付してみよう

では、実際に寄付してみましょう。やりかたは簡単です。
先ほど開いたページに「人気ランキング」「ジャンルから探す」「金額から探す」「地域からさがす」などのボタンがありますので、好きな方法で検索してください。
私は日用品や家電が好きなのでいつもジャンルから探しています。今回は試しに「米・雑穀」にいってみましょう。
お米がものすごい届くので食費が浮きますよ。

こんな感じで表示されます。表示されている金額が寄付金です。米60キロって凄くないですか?
農林水産省調べの国民一人あたりの米の消費量は約53kgとのことなので独身の方は自己負担2000円で米1年分を貰えるってことですね。米の相場で検索してみると大体5キロで2000円程なのでざっくり24000円分の品物をいただいていることになります。完全に元がとれてますし、今年はもう米を買いに行かなくていいですね!


私はトイレットペーパーやテッシュなどをふるさと納税でいただいたりもしましたが、本当に大量に届くので置きゃ場所がなくなることなどが注意点です。

欲しい品があったら楽天で買い物をする感覚でそのページに飛んでください。
商品の詳細やお届け時期などが書かれていますので。納得できたら「寄付を申し込む」を押しましょう。
すると、買い物かごに寄付対象の品が入りますので以下のように購入して寄付完了です。

購入手続きは通常の楽天の買い物と全く一緒なので、クレジットで払えますし、ポイントを使用することも可能です。寄付にポイントが使えるっていうのも凄いですね。

ふるさと納税しつつポイントをごっそりいただく

上記の画面をみて感の良い人は気づいていると思いますが、普通に獲得予定ポイントもついてくるんですよ。
この例でいくと1350ポイントついてきてるのでポイントを加味したら自己負担って650円とかになるんです。

つまり、楽天のお買い物システムはふるさと納税にも適用されるんですね、ふるさと納税の金額は基本的に数万円と高額になるので、どうせ来年返ってきますし可能な範囲で高い金額を寄付したほうがお得になるということです。


楽天市場では毎月買い回りポイントセールというものをやっていまして、そちらも今後ブログ内で詳しく紹介していきたいので今回はざっくり説明しますが、10店舗で買い物をするとポイントが10倍(実質1割引)ついてます。


さらに楽天ではSPUと呼ばれるポイントサービスがあり、楽天のサービスを利用しているとそれに応じたポイントが加算されます。(最大15倍)
ただ、MAXの15倍にするにはそれなりに色々サービスを利用しないといけないので、まぁ比較的簡単に達成可能なところで考え、10倍くらいで想定します。


さらに楽天では0か5のつく日はポイントが2倍追加されます。

この条件を満たす日がほぼ間違いなく月に1~2回おとずれますので、その日を狙って納税しましょう!
仮に50,000円の何かをふるさと納税で購入したとすると、


50,000 * 0.22 = 11,000

2,000円の自己負担で納税してるのに11,000ポイント貰えるうえに返礼品も貰えるということになります。
楽天の中ではポイント=お金といっても過言ではないので、寄付してお金が貰えるってもう魔法ですね!

最後に

今回の勉強は以上です。
いかがでしたか、楽天ふるさと納税。やっている人にとっては当然の内容だったかもしれませんが、
知らなかった人にとっては「なんでこれをもっと早くやらなかったんだー!」となるような内容だったのではないでしょうか。

このブログでは今後もこういったお得な情報やお金を貯めるために必要な知識をがんばって紹介していきますので、


気に入っていただけた際にはツイッターのフォロー、記事のShereをしていただけると非常に嬉しいです!

それではまた次回をお楽しみください。一歩一歩一緒に成長していきましょう、ショウでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA