クラウドワークスで副業の仕事を受注してお金を稼ぐ方法

今日は初心者に向けてクラウドワークス仕事の受け方から納品・報酬までの流れを説明しましょう
副業や在宅でできる仕事として、クラウドワークスの利用を考えている人は多いと思います。
今回は、スキマ時間を有効活用するのに最適な、クラウドワークスでの仕事の受注方法について解説していきます

また、副業を始めたことがない人、パソコンを持っていない人でも手軽に始められるお仕事も、合わせて紹介します。

クラウドワークスの紹介

クラウドワークスとは

クラウドワークスとはクラウドソーシング内のサービスであり、企業と在宅ワーカーとのマッチングサービスです。
企業と在宅ワーカーを繋ぐ架け橋となるサービスだと思っていただいてOKです。

クラウドワークスの主な仕組み

・企業(仕事を依頼する側)
     ↓
・クラウドワークスでマッチングする。
     ↑ 
・在宅ワーカー(仕事を探す側)

企業と在宅ワーカーをネット上でマッチングして仕事を成立させてくれるのです。

副業としてクラウドワークスをおすすめする理由

副業にクラウドワークスを使う利点として以下があげられます

  • 本業や家事の隙間時間に出来る。
  • 好きな時間・好きな時に働ける。
  • 本業の会社にばれにくい
  • 事業所得になる

クラウドワークスはスキマ時間に稼げます

まず最初に気になるのは、クラウドワークスでの副業が本当に稼げるのか、という点ではないでしょうか。
結論からいうと、十分稼ぐことは可能です。

週末のちょっとした空き時間や、子供が保育園に行っている間のスキマ時間に、スマホでサクッと始められるのがクラウドワークスの利点です

しかし、実績のない初心者が、いきなり10万円を稼ごうというのは少し難しいと思います。
この記事では、初心者の方がまず、オンラインで稼ぐということを経験できる、比較的簡単なお仕事を紹介します。

クラウドワークスで副業初心者におすすめの仕事

今回は副業初心者向けに資格が必要なかったり初期費用がほとんどかからないお仕事を中心に紹介していきますので
参考にしてみてください。

データ入力

現在クラウドワークスでデータ入力を検索すると、700件以上の案件があります。
データ入力と言っても、エクセルやワードのスキルが必要なものばかりではありません。
画像の検索結果や、コピペした文章を貼り付けるだけなどの簡単なお仕事まで様々です。

報酬の相場は、1件100円のものから、固定報酬で毎月5万円以上になる案件もあります。

上手くいけば、継続してお仕事がもらえ、月々安定した稼ぎを得ることが望めるお仕事といえます。

商品梱包・発送代行

Amazonやメルカリ、BUYMAの販売者さんの需要があるので仕事としては多いですし、
1件40円~と、成果を積み上げていくようなお仕事になります。

一度仕事をもらえると継続してもらえることが多いので件数をこなせるとそこそこの副業になります。
主婦の方がパートのスキマ時間などにできると、副業初心者の方にハードルが低いのでオススメです。
近くに郵便局やコンビニがあると尚よいですね。

文字起こし

最近はYouTubeなどの普及により撮影した動画や録音した対談などからその後動画に文字をつけるといった作業に需要が多くなってきています。
これらの作業は動画を見ること、音声が聞けること、キーボードのタイピングがそこそこ打てるなどの技能があれば比較的容易に作業をすることができます。

報酬相場としては1時間の動画やインタビューの文字起こしで5000円程度からとなりますので、時給5千円と考えると聞き取りが得意な方にはそれなりにおいしい副業になると思います

クラウドワークス利用の流れ

実際にクラウドワークスを始めたいとおもったときにどんなことをすればいいのかわからないかもしれません。
今回は初心者向けにクラウドワークスに登録して、報酬を受け取るところまでを紹介します。

会員登録

まずクラウドワークスのホームページにアクセスして、新規登録から会員登録を済ませましょう。

会員登録する際、必要なものが3つあります。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

この3つさえあれば、登録申請はすぐにできます。申請が降りるまでは最大で5営業日かかると言われていますが、
基本は2~3日あれば審査が通ります。

また、個人の確認書類で使えるものは以下なので気を付けてください。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票
    ※健康保険証は、「記号」「番号」「保険者番号」を紙などで隠してください
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書

ここでメールアドレスが必要になります。
また、FacebookやyahooID、googleアカウントを使ってシングルサインオンにすることも可能です。

入力したメールアドレス宛に以下のような承認メールが送信されるのでメールを確認してください。

メール内のリンク先へ進み個人情報の登録へ進みましょう
リンク先には一般的な個人情報の入力がありますので入力して完了させてください。
上記まででひとまずログインはできるようになります。

ログインして、本人確認書類を提出します。以下の手順で提出を完了させましょう。

プロフィール編集画面➡共通情報➡本人確認書類提出

  • 画面右側に表示されている「本人確認書類提出」をクリック
  • 本人確認書類に必要な書類を準備の上、本人確認をはじめるをクリック
  • 本人情報を入力
  • 本人確認書類をアップロードし「本人確認申請をする」をクリック

以上で登録です。

プロフィール編集

本人確認が取れたら、プロフィールを記入しましょう。

仕事をもらう上で依頼者はこの人はどんな人で、どんなことが得意で今までどんな仕事を受けてきたのだろうということに注目します。とても重要な情報なので力をいれて記載することをお勧めします。

記載のフォーマットはフリーですが、クラウドワークスにはわかりやすいテンプレートが用意されているので、
基本的にはそれに沿って書けば大丈夫です。

ですが、以下の内容は盛り込んでおくだけで受注率が全然違ってくるので可能な限りいれておきましょう

  • プロフィール画像
  • ポートフォリオ
  • 得意なジャンル・スキル

プロフィール画像

意外と軽視されがちですが、画像一枚あるだけでその人のイメージが定着したりします。
とはいえ顔出しをしたくない人はいると思いますのでそういった場合はにはココナラなどで似顔絵を作成、
ペットの写真、ぬいぐるみの写真などを載せるのも和んでいいと思います。
フリー素材などでも悪くはないのですが、詐欺系のアカウントだと無駄に怪しまれたりしたくないのであまりオススメはしません。

ポートフォリオ

履歴書みたいなものですね。
ある意味一番重要かもしれません。
初心者は依頼を受けたことがないと思いますので過去の受注依頼内容が書けないかと思いますが、
自分で作成したHPやブログなどを載せておくことでアピールすることができます。

ここで注意点があります。

自分は初心者であることを書くのはやめましょう。

「始めて1か月です」や「歴は浅いですが」などといったネガティブイメージを持たせる内容もやめましょう。

想像してみてください。
あなたがもし自分がお金を払う立場だったとして、「初心者ですけど頑張ります」などと部活のようなことを言われたら、その人に仕事を頼みたいと思うでしょうか。

得意なジャンル・スキル

ポートフォリオに似ていますが、実績として載せることはできないまでも、アピールできるものはあります

  • タイピングに自信あり
  • エクセルやワードが使える
  • こんな資格をもっている
  • 特定のジャンルについてとても詳しい
    ※株やFXは〇年やっているため知識と経験があります 等

案件に応募して報酬を受けとる

案件選び

現在クラウドワークスでは、ご紹介した仕事以外にも2200件以上の事務作業・カンタン案件があります。
最初はまず自分が興味のあるものから手軽に応募してみましょう。

案件を選ぶ際には注意点があります。
それは、仕事を募集しているクライアントの評価を見極めることです。
クラウドワークスではワーカー同様、仕事を依頼するクライアントも評価の対象になります。
仕事を受注した側は、そのクライアントの対応がビジネスマンとして気持ちの良いものだったか、
星を漬けることで評価できます。

また、本人確認しているかどうかも、信頼のおけるクライアントを見分ける一つの要素です。
受注実績が複数ある、本人確認の住んでいるクライアントが理想的です。

契約

募集中の仕事一覧から自分の気になる案件を見つけたら募集をして契約完了を目指しましょう。
対象の案件をクリックすると詳細ページへ移動できます。
そこには求める人材、納期、報酬額など仕事の詳細が記載されていますので内容をちゃんと確認して納得できた場合には応募しましょう

応募画面ボタンを押して内容の入力へ移行します。

応募画面の「必須」になっている箇所を入力し、条件の提案をします。
メッセージにPR内容などを記載して応募すれば、応募は完了です。

仮払

もしあなたの提案が通れば、実際に仕事をすることになりますが、その前に、クラウドワークスでは仮払いという制度があります。

これはワーカーを悪徳業者から守るためのセーフティネットです。
オンラインの仕事の場合、相手は顔も見たことがない人です。
悪意をもった依頼者である可能性は十分にあり、報酬未払いの案件は少なからず起きています。
このような問題を避けるために以下のクラウドワークスでは以下の流れで報酬が支払われます。

  1. 依頼者と作業者で契約発生後、依頼者はクラウドワークスに仮払いという形で報酬を支払います
  2. クラウドワークスの仮払い確認が完了するとクラウドワークスから仕事開始の依頼が作業者へされます
  3. 作業者は作業完了後成果物をクラウドワークス上に納品します
  4. 依頼者は納品されたものをチェックし、必要に応じて修正依頼などを作業者へ依頼し問題なければ検収OK連絡をクラウドワークスへします
  5. 検収完了連絡を受領後、仮払いされていた報酬をクラウドワークスが作業者へ支払います

業務開始・納品

さて、クライアントから仮払いされたら、早速仕事に取り掛かりましょう。
納期が3日以内と近いものもあれば、一カ月間でのトータル作業量を報告するタイプの案件もあります。
納期は絶対に遅れてはいけません。もし遅れるとしたら事前にクライアントに相談して、許可を得ましょう。
副業をする以上、会社ではなく皆さんが一つの事業主として仕事をすることになります。
成果品ができたら、クラウドワークスのページから納品に進みましょう。

報酬のうけとり

納品完了後、クライアントは成果物を確認するため、検収をします。
早い方ではその場ですぐに支払われることもありますが、最大1週間かかることもあります。納品後に連絡が途切れた場合は速やかに事務局に報告しましょう。

納品物が確認されると、クラウドワークス上に報酬が一度プールされます。
これで初めての仕事に対する一連の流れは終わりです。お疲れさまでした!

補足事項

楽天銀行の口座を作る

クラウドワークス上でプールされた報酬を、自分の口座に出勤する際、振込手数料がかかります。

大手銀行各社の口座は手数料500円と割高ですが、楽天銀行だけは100円で報酬を受け取れます。
オンライン銀行の口座は、副業を開始する上で必須ですし、報酬が数百円でも変わってるくのは大きいので楽天銀行が無い人は早めに登録してしまいましょう。

単価が極端に低い案件は避ける

副業を始めたばかりのころは、実績数を増やしたいために、単価の低い案件でも積極的に受けていくというやり方があります。
これは仕事に慣れるという目的では有効ですが、あまりにも相場より低い案件の場合ただただ疲弊するだけに終わってしまいます。
副業で最も難しいことは続けることです。
自分が搾取されるだけになってしまうお仕事は、悪徳業者が扱っている可能性もあるため、避けましょう。

システム利用手数料

クラウドワークは無料でこのようなプラットフォームを運営してはいません。
仕事の報酬が5万円以下の場合、報酬の20%がシステム手数料として差し引かれます。
そのため、想定報酬よりも手元に来た金額が少ないと感じるかもしれませんが、受注を受ける段階でこのことを念頭に置いておくと、思っていたよりも低い報酬しか入らなかったと、がっかりすることはありませんので注意しておきましょう。

最後に

今回は、副業初心者の方でも簡単に始められるお仕事と、実際に仕事を受注してから報酬を得るまでの流れについてご紹介しました。

クラウドワークスは大手のクラウドソーシングということもあって、初心者が安心して副業を始められるプラットフォームです。
まずはオンラインで個人でお仕事を受注するのを経験してみるために、手軽に始めてみてはいかがでしょうか。

今回の記事が気に入っていただけた際にはツイッターのフォロー、記事のShereをしていただけると非常に嬉しいです

一歩一歩一緒に成長していきましょう、それでは次回をお楽しみに!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA